法林寺の開創

篠村法林寺は、元和七年(1621)、臨済宗妙心寺派の本山である京都の妙心寺に、宝林院として開かれました。開山(創業者)は霊峰和尚(1590〜1680)で、開基(出資者)は戦国武将直江兼続の妻お船の方(1557〜1637)です。のちに丹波篠村八幡宮(京都府亀岡市)の神主や村民が、田地山林を寄付して霊峰和尚を招来したことから、宝林院を現在の地に移しました。そして地域住民と土地神を安泰するとともに、開基であるお船の方に加えて、和尚の活動を支えた徳川家康と、尾張徳川家初代藩主の徳川義直とをまつって、法林寺と名を改めました。以来、法林寺は京都や亀岡において、開山(創業者)の行跡にならい、市井山野の中で、仏教臨済宗の教えと行事を伝承し、社会と文化の発展に寄与しております。

坐禅・写経・法話・研修

墓地貸与

法林寺blog

お問い合せ

篠村法林寺

〒621-0826 京都府亀岡市篠町篠下中筋41

電話&FAX

☎️ 0771-22-4451

受付時間 9:00-16:00

セールスは固くお断りします

メール